格安スマホ 評判

  • 格安スマホで失敗しないキャリアの選び方


格安スマホとは


SIMの自由化を活用して、スマホの料金を節約してみよう。


格安スマホって興味はあるけど、「専門用語が多くてわからない」、「今はいいけど今後はどうなるの?」、「現在のキャリアと比較してのメリットデメリットがわからない」など、よさげだけど本当にいいのかどうか、かんたんにできるのかどうかわからない。 そんな方のために、格安スマホの選び方やおすすめプランをご紹介します。




格安スマホってなーに?

 

【SIMフリー端末】に、【格安SIMカード】を差したものを、格安スマホといいます。
従来の携帯やスマホの場合、SIMが固定されているため利用できません。 格安SIMカードはMVNOという格安回線のキャリアごとに発行されています。


もし、ドコモやau、ソフトバンクそのまま利用の場合、SIM固定端末に割高SIMカードなので、両方とも交換する必要があります。 ですので、最適なタイミングは、そろそろ機種変更しようかな・・・ とか、2年縛りが終わったころの人。 絶対にチェックしておきたいところです。


高いスマホ料金に困った人が乗り換えているのが、SIMフリーから始まった格安スマホ。 まぁスマホというと本体のイメージがありますが、本体も通信プランもどちらも自由に選べるようになったんですね。


じゃぁ乗り換えよう・・・ と思ってもデメリットとか失敗とかってないの? と心配になる方もいるはず。 そこで今注目が高まっているものの、不便な点などを知っておきたいというかたのたねに、デメリットを中心にご紹介します。


これらのデメリットを考えても、関係ない、該当しない、問題なさそうならば良い条件のMVNO(格安の通信会社)へ変更するといいでしょう。ちなみに私はDMMモバイルです。



まずは格安スマホのデメリットをチェック!


通常、スマートフォンやタブレットを使う時は携帯会社との契約をして電波を受信できるSIMカードの契約が必要になります。 しかし、この格安スマホは大手携帯電話会社と契約せずにスマートフォンを持つ事ができます。

そんなことできるの?と思ったのですが、これが可能な理由は、大手キャリアと呼ばれるドコモ等が提供しておらず、大手キャリアの携帯電波を借りている仲介事業者がスマホを販売しているためです。


契約自体は、クレジットカードがあれば誰でもする事が可能なサービスです。大手キャリアのインターネット利用のパケット代と比較しても、同じパケット数を使う契約を結んでも、月額の利用料金は半分以下ですむ事もあります。


なぜ、こんな事が可能なのかと言うと、携帯電話の電波をあくまで「一部をレンタル」している状態にあるからです。ドコモ等が電波帯域を4つ利用し電波の安定を図ろうとしているとします。一方の格安スマホはその内、一つないし二つをレンタして使うようになります。その為、正規の料金より安く提供できます。


しかし、そんな便利でお得な格安スマホでもデメリットがない訳ではありません。それは、先に述べた電波をレンタルしていると言う事に関係してきます。あくまで、電波を借りている立場になるので自社で電波塔を持っている訳ではありません。そして、電波を借りるのも一部になります。


結果として、使用する人数が時間帯で集中したりすると、インターネットの速度低下や電話が繋がりにくくなると言った事が起こり易くなります。 それに、取り扱っている機種もどうしても低価格を売りにしているので、低スペックの物が多くなります。


結果として、大手キャリアのスマホより性能が落ちて動きが鈍いと言った不満点も噴出し易くなります。 低価格で使用でき、良い所もありますが、電波状況やサポート、サービスに加え取り扱い端末の種類の少なさ等気にしなければいけない所は意外とあります。


ほかにも小さい会社の場合は、サポート自体に不安があったり、廃業してしまう恐れもあります。 あまり聞いたことはありませんけど。 これら注意して格安スマホは契約する必要があります。



まとめ


安すぎるプランだと「通信が遅い」、聞いたこともないような会社だと、「サービス終了の恐れがある」といった所でしょうか。


最安値で選ぶのもよいのですが、多くの場合は直接的に通信速度に影響があったりします。 また会社によってはさらに値下げしたりすることもあるので、無理に最安値にこだわることもないでしょう。


dokomo、AU、ソフトバンクと比べたらどこでも激安です。 なのでだいぶ安くて、聞いたことある会社、そして評判のよい所なら失敗はないでしょうね。